2021年シーズン Jリーグ 第1節 川崎フロンターレー横浜Fマリノス 感想

等々力陸上競技場で行われた川崎フロンターレ横浜Fマリノス戦は、2-0で川崎フロンターレが勝利。2013年から8年連続で続いたホーム開幕戦連続引き分け記録にピリオドを打ちました。

 

前半横浜Fマリノスは3-3-1-3の布陣で挑んできたが、WBとCHの動きを求められた両サイドのティーラトンと和田の動きがスムーズでは無く、川崎フロンターレの前線からのプレッシングに捕まりシュートの場面を作られる事が多い事に加え、左WGの樺山も守備の局面でのサポートが少なく、対面の川崎フロンターレの右サイド側のユニット(家長、田中、山根)を相手に後手後手に回った時間が長く、2失点は共に川崎フロンターレの右サイドからでした。

 

前半終了時点で2-0だったが、2-0というまだ挽回可能な範囲の得点差であった事が、後半の横浜Fマリノスの修正に繋がりました。川崎フロンターレは得点場面も含め、5度は決定的なチャンスがありましたが、仕留めきれなかった部分もありました。これが3-0、4-0になっていれば、横浜Fマリノスも割り切って、新たな布陣のテスト機会に切り替えてきたでしょう。

 

後半開始から、横浜Fマリノスは布陣を4-4-2に変更。2トップは前に前田、後ろでトップ下気味のポジションにオナイウ阿道が入りました。選手の立ち位置が整理され、川崎フロンターレの選手に対してのアプローチがスムーズになり、相手陣内でプレーする時間が長くなりました。後半から出場した前田のスピードを生かした前線からの守備が効果的で、彼のボール奪取から決定的なシュートチャンスも生まれ、的確な修正だったと思います。

 

川崎フロンターレとすれば、2-0にした時点で、ある程度、意図的に相手にボールを握らせ、自陣に引きこんで空いたスペースを三笘のボールを運ぶ力を生かしたカウンターで追加点を奪い試合を終わらせたかったですが、数回その意図した場面を作り出すも追加点を奪う事はできませんでした。まだまだ「試合を終わらす」力が足りていない。ACLのグループリーグでの戦いを見据えると、試合を終わらせられないところから、勝ち点を失う事もあります。ここは改善したい。

 

先週の富士ゼロックススーパーカップでは、後半相手にボールを持たせましたが、守備の強度が落ちた事もあり同点に追いつかれました。この試合は相手に攻め込ませても、危険な場面では体を投げ出して決定的な場面は少なく、まだチームは状態を上げている段階で、5~6割程度の状態だと思いますが、その状態でも失点を0に出来た事は前向きに捉えてよいと思います。

 

勝ち点3は手にしましたが、横浜Fマリノスが新たな布陣を試し混乱していた事、マルコスジュニオールや喜田、エウベル等中心選手が不在だった面の方が大きかったです。試合後の選手の表情を見ると誰一人満足してる選手はおらず、まだまだの状態ですが、その状態でも勝ち点3を取れるチームになったからこそ、ホーム開幕戦連続引き分けを止められました。伸びしろを残して勝つ。良い形だったのではないでしょうか。

 

次節はホームでセレッソ大阪との試合です。お互い開幕戦を制し良いスタートを切れた同士の対戦となります。見事なゴールでチームを勝利に導いた大久保嘉人は出場するのでしょうか?ピンク色のユニフォームを着た彼の姿を見る事も楽しみにしています。

 

2021年2月26日 等々力陸上競技場 川崎フロンターレ―横浜Fマリノス

f:id:kaburerasan2014:20210227094923j:plain

2021年シーズンも始まりました。今シーズンもこの気持ちを忘れずに戦いましょう

f:id:kaburerasan2014:20210227095025j:plain

この辺りから観戦するのも慣れました。

f:id:kaburerasan2014:20210227095113j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210227095349j:plain

ブラジルキッチンのソーセージとパステウ。今シーズンもお世話になります。

f:id:kaburerasan2014:20210227095421j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210227095434j:plain

今回初出店されたお店で購入したガパオライス。美味しく頂きました。

f:id:kaburerasan2014:20210227095511j:plain

本日の試合限定メニューのホワイトカレー。ぱっと見シチューに見えますが、口に入れるとスパイスを感じます。美味しく頂きました。

 

新規出店で注目されたALCキッチンや某タンタンメンは長蛇の列だったので、今後食べます。

 

f:id:kaburerasan2014:20210227095858j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210227095908j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210227095923j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210227095939j:plain

ハーフタイム中のカブレラさん

f:id:kaburerasan2014:20210227100616j:plain

チャフロでキーホルダーを購入。偉大なる谷口キャプテンでした。スタイルが良く、イケメンで、モデルの彼女がいて、リッチで性格もジェントルマンで非の打ち所がない方なので、多方面から嫉妬されております(笑)。数年前、夏場のくそ暑い中の練習後に、浮浪者の様な身なりの当方に対しても、爽やかにファンサービスでサインに応じて頂けるくらい、素晴らしい方です。

f:id:kaburerasan2014:20210227102108j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210227102127j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210227102136j:plain

内容はこの時期なのでさておき、完封で勝ち点3を取れたのは素晴らしいですね。しかし鬼木大監督様は1試合3得点での勝利をノルマ設定しているので、全く満足していません。次節も楽しみです。

明日は開幕戦

明日は待ちに待った川崎フロンターレJリーグ開幕戦です。現在の社会情勢により、観客数は少ない中での開催となりますが、相手は横浜Fマリノス。その状況に負けない強度の高い試合になるでしょう。

 

f:id:kaburerasan2014:20210225214232j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210225214247j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210225214307j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210225214332j:plain

最後にホーム開幕戦で勝利したのは、このユニフォームが使用された2012年。開幕戦限定グッズに野球のボールに選手がサインしたサインボールが販売されたり、始球式は現読売ジャイアンツのコーチである桑田真澄氏が登場しました。懐かしいですね。

 

ホーム開幕戦ですが。2013年から2020年までは全て引き分けです。対戦相手とスコアは下記となります。

 

2013年 大分トリニータ 1-1

2014年 ヴィッセル神戸 2-2

2015年 ヴィッセル神戸 2-2

2016年 湘南ベルマーレ 4-4

2017年 サガン鳥栖   1-1

2018年 湘南ベルマーレ 1-1

2019年 FC東京     0-0

2020年 サガン鳥栖   0-0

 

2016年の殴り合いをピークに、2017年からはスコアの動きが少ない試合なっています。川崎フロンターレが決めた合計11ゴールの内、5ゴールはこの選手が決めています。勝負強いあの男です。

 

f:id:kaburerasan2014:20210225215453j:plain

小林悠ですね。先日の富士ゼロックススーパーカップでも勝負強さを見せてくれました。明日は途中出場になると思いますが、試合を決めるゴールに期待。

ユニフォーム 726枚目 クロアチア代表 2004-2005年 アウェイ用 長袖

f:id:kaburerasan2014:20210222232750j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210222232758j:plain

2004-2005年に使用されたアウェイ用ユニフォームです。主に親善試合やドイツワールドカップ予選で使用されました。長袖は市販が無く支給品のみの取り扱いでした。市販が無いと言いながらも、メーカーからの放出品がインポート品を取り扱うショップで色々売っていた事は忘れましょう。

f:id:kaburerasan2014:20210222232950j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210222233000j:plain

メーカーロゴ、エンブレムは共にラバー圧着。市販品は刺しゅう、ワッペン縫い付け仕様でした。細かい所ですが、軽量化の為、仕様を変えています。

f:id:kaburerasan2014:20210222233103j:plain

サイズプリント部分。

f:id:kaburerasan2014:20210222233521j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210222233530j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210222233542j:plain

この時期の選手着用品は、軽量化の為、縫製では無くシームレス加工(衣料用接着材、糊って言った方がいいのかな?)を使った貼り付け)を行っている事が多かったです。耐久性よりも軽量化を優先しているので、月日が流れればこの画像の様に圧着が剥がれてきます。

 

ラバープリントの劣化も怖いですが、2004年辺りからの支給品ユニフォームだと、この様な劣化も生じてきます。どれだけ気を付けてもこれは神頼みです(多少は保管でどうにかできますが)。徳を積んで生きるしかないですね(笑)。

2021年シーズン 富士ゼロックススーパーカップ 川崎フロンターレ-ガンバ大阪 感想

富士ゼロックススーパーカップは、3-2で川崎フロンターレが勝利。幸先よく2点を奪うも、後半追いつかれる展開でしたが、PK戦も見えてきたアディショナルタイム最後のプレーで小林が勝負を決めるゴールで勝利。2019年以来、2度目の富士ゼロックススーパーカップを制しました。

 

ガンバ大阪は、4-3-3の布陣を試せた事が収穫。アンカーのポジションでプレーした山本の長短のパスの精度、リズムが良く、4-4-2のセンター2枚でプレーするよりも彼の良さが出ていた。後半ガンバ大阪が同点に追いついたのは、彼がテンポよくボールを配給できた事が大きい。また井手口が中盤の一角でいると守備の強度が全く違う。守備範囲、ボールを奪う際の強度、奪ってからボールの動かし方は脅威だった。山本、井手口に韓国代表のチュセジョンがこれからレギュラー争いに絡んでくると、昨シーズンの課題の一つであった攻撃のバリエーション不足の解消できると思います。

 

川崎フロンターレは、新戦力のシミッチ、塚川、橘田、遠野を実践で起用できた事が収穫。シミッチはロングレンジのパスの精度、攻守のコンタクトプレーの強さは期待通り。塚川はコンタクトプレーの強さと複数のポジションでプレーするユーティリティ性、橘田は機動力と位置取りの上手さ、遠野は狭いスペースでのプレーでそれぞれ持ち味を発揮した。遠野は小林の決勝点をアシストしましたが、ボールの受け方からパスまでの一連の動きが素晴らしかったですね。

 

現状のスタメン、ベンチ入り争いの序列を考えると、シミッチは当面スタメンで出場するとして、大島と登里が復帰した際には、塚川、橘田、遠野の3人の内2人はベンチ外となる。塚川は山村と車屋、橘田は脇坂と小塚、遠野は長谷川と旗手との競争と見ている。プレー可能なポジションの多さと中盤の選手に少ないコンタクトプレーの強さを持っている事から、塚川が少し優位な立場にいるのではないかと思います。

 

開幕戦の相手は横浜FマリノスJリーグ随一のプレー強度を持つクラブと開幕から対戦なので、スタートからアクセル全開で挑まないと勝てません。今日以上の力強く正確なプレーに期待しています。

ユニフォーム 725枚目 川崎フロンターレ 2017年シーズン ゴールキーパー用 半袖 チョンソンリョン

f:id:kaburerasan2014:20210219224805j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210219224819j:plain

2017年シーズンに使用されたゴールキーパー用ユニフォームです。元韓国代表のチョンソンリョン選手のネームとナンバー入りとなります。初優勝を決めた2017年シーズン、優勝を決めたホーム大宮戦でも、ソンリョン選手は半袖を着用していました。初優勝の瞬間のユニフォームは手元に置いておきたいと思っていたところ、ヴィンテージスポーツにてタグ付き、マーキング付きで販売していたので迷わずに購入しました。

 

f:id:kaburerasan2014:20210219225142j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210219225154j:plain

サイズはMサイズ。いつもはレプリカでも保管用は選手着用品と同サイズに拘っているのですが、最近その拘りが薄れてきました。新品タグ付き、サイズまで限定すると見つからない現実があるので、折り合いをつける事を覚えてきました(笑)。

f:id:kaburerasan2014:20210219225327j:plain

メーカーロゴは刺しゅう

f:id:kaburerasan2014:20210219225345j:plain

クラブエンブレムはワッペン圧着

f:id:kaburerasan2014:20210219225519j:plain

胸スポンサーロゴは昇華プリント

f:id:kaburerasan2014:20210219225542j:plain

胸番号はラバー素材の3色1枚仕様。

f:id:kaburerasan2014:20210219225613j:plain

背中スポンサーロゴは昇華プリント

f:id:kaburerasan2014:20210219225642j:plain

ネーム&ナンバーはラバー素材の3色1枚仕様

f:id:kaburerasan2014:20210219225708j:plain

裾スポンサーロゴはラバー圧着

f:id:kaburerasan2014:20210219225734j:plain

袖スポンサーロゴ、Jリーグパッチ、KAWASAKIパッチはワッペン縫い付け

f:id:kaburerasan2014:20210219230022j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210219230042j:plain

明日はフジゼロックススーパーカップ。試合をするだけで賞金が頂ける素晴らしい大会にして、スタジアムグルメとマスコットと展示されるユニフォームを楽しむ場だと思っています(今年はスタグル、マスコット系のイベントの開催は難しいですが)。現時点のチームの完成度を確認する良い機会です。2021年シーズンの初陣ですが、まずは怪我無く終えて欲しいですね。

ユニフォーム 724枚目 インテル 1999-2000シーズン ホーム用 長袖 ロベルトバッジョ

f:id:kaburerasan2014:20210218215748j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210218215758j:plain

1999-2000シーズンに使用されたホーム用ユニフォームです。元イタリア代表のロベルト・バッジョ氏のネームとナンバー入りとなります。本日2月18日がお誕生日です。おめでとうございます!!。

f:id:kaburerasan2014:20210218215856j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210218215908j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210218215920j:plain

メーカーロゴは刺しゅう

f:id:kaburerasan2014:20210218215935j:plain

クラブエンブレムは刺しゅう

f:id:kaburerasan2014:20210218215952j:plain

胸スポンサーロゴは発泡素材圧着

f:id:kaburerasan2014:20210218220012j:plain

f:id:kaburerasan2014:20210218220021j:plain

ネームとナンバーはラバー素材圧着。ナンバー部分はシルバーとホワイトの2色1枚仕様。

f:id:kaburerasan2014:20210218220301j:plain

レガカルチョパッチとステッラはワッペン圧着。通常はエンブレム上に入っている事が多いステッラですが、このシーズンは袖に入っていました。今ではインテルのユニフォームにステッラが付いていない事はまず無いですが、このシーズンは付いていなかったので、後付けで入れるしか無かったです。

 

このシーズンは早々に構想外にされ、シーズン中は出場機会が少なかったですが、チャンピオンズリーグ出場権を賭けたプレーオフで2つのゴールを決め、勝利に導きインテルを後にしました。残念なのはこの出場権でチャンピオンズリーグ予備戦に出場するも、あっさり敗北し、バッジョを構想外にした監督は解任。チャンピオンズリーグには出場できない。プレーオフの勝利を全く意味の無い物にしてしまいました。

 

驚きなのは、この試合の彼のパフォーマンスの採点です。ガゼッタデッロスポルト(イタリアの最大手のスポーツ紙、ピンク色の新聞)の採点は異例の10点満点。試合中に人命救急活動を行う等、余程の例外が無い限り10点という採点を目にする事はありません。それだけ印象深いプレーだった。としか言いようがありません。

 

このユニフォームですが、生地が柔らかく光沢感のある素材が特徴です。着丈と身幅がゆったりとしたシルエットと合わせて、バッジョが緩めのサイズ感で着用しプレーしていた姿を思い出します。