ユニフォーム 882枚目 セレッソ大阪 2009年シーズン 1st用 半袖

2009年シーズンに使用された1st用ユニフォームです。51試合制のJ2リーグで2位となり、翌シーズンのJ1昇格を達成したシーズンでした。当時のチームの顔は香川真司乾貴士のコンビ、二人で47ゴールを決め、チームの総得点(100ゴール)のほぼ半分を記録しJ1昇格の原動力となりました。香川が27ゴールでJ2得点王、乾も20ゴール、アシストもそれぞれ13アシスト、14アシストの記録を残しています。

 

51試合制という事で試合数が多かった事もありますが、それを加味しても驚異的な記録です。ゴールとアシスト両方を二桁に乗せるだけでも凄いのですが、そんな選手が同じチームに二人いる事が信じられません。

メーカーロゴは昇華プリント

チームエンブレムはラバー圧着

スポンサーロゴはラバー圧着

JリーグパッチとOSAKAパッチはワッペン縫い付け

本日、香川真司の12年半振りのセレッソ大阪への復帰が発表されました。さすがにこの頃や欧州を席巻したドルトムント時代のパフォーマンスを求めるのは酷です。

 

彼に求められるのは、スタメンとしてバリバリプレーする事以上に、後半残り20分でチームが攻めあぐねてゴールを奪えない状況でこれまでの経験と欧州で磨いた技術とアイディアで決定機を作る、もしくは決定機をゴールに結びつける。ここ2シーズンあと一歩のところでタイトルに届いてない状況を打破するラストピースとしてのプレーだと思います。

 

2018年のロシアワールドカップ以降の彼のキャリアは、2度のワールドカップでの不完全燃焼を晴らすべく欧州でもがき苦しんだ4シーズンでした。その願いは叶わず終わりましたが、その中で得た経験や感覚をキャリアの最終章で形にして、もうひと花咲かせて欲しい。円熟した香川真司がピッチで躍動するのを楽しみにしています。

ユニフォーム 881枚目 川崎フロンターレ 2019年シーズン 2nd用 ACL仕様 小林悠 選手支給品

2019年シーズンに使用されたACL用の2nd用ユニフォームです。元日本代表の小林悠選手に支給された物となります。ACL2nd用の市販はございませんでした。このシーズンは開幕からなかなかゴールを決められない状況が続いており、ACL4節の蔚山現代戦でシーズン初ゴールを記録。そこからはコンスタントにゴールを決め始めました。

 

また相手チームのユニフォームカラーとの兼ね合いでホームゲームにもかかわらず2nd用ユニフォームを着用する(2節 シドニーFC戦、4節蔚山現代戦)珍しい事が起こりました。2nd用の方が多く着用されたACLはこのシーズンだけですね。そんな事もあってか結果が付いてこなかったシーズンは比較的早く記憶から消去される傾向にありますが(笑)グループステージで敗退したシーズンのユニフォームとしては印象に残っています。

メーカーロゴは昇華プリント

エンブレムはシリコン製素材のワッペン圧着。星部分は刺しゅう、日の丸部分はワッペン縫い付けです。

ナンバー部分はラバー素材の2色1枚仕様

品番部分、大事なところです。2019年シーズンのACL支給品ユニフォームの品番は1stからGK用まで全て921089でした。市販のチームオーダーモデルの流用なので、それと同様「TRIBE」明記でもおかしくは無かったのですが、6桁の品番が発行されました。

 

先日行われた川崎フロンターレ2023新体制発表会。事前にユニフォームデザインの発表、選手背番号等、例年であれば目玉の企画が諸々の事情で発表会前にアナウンスされていた為、珍しく大きな驚きはなく、ほぼ定刻通りに進行が行われ概ね時間内に終了しました。毎シーズン、色々ボリューム満点の企画を盛り込んでいる為、時間が押す傾向があるのですが、時間通りで終わると少し物足りない感じがしました。贅沢なものです(笑)。

 

例年であれば、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)用のユニフォームの発表もあるのですが、2023年シーズンよりグループステージの開幕が9月からとなる為、ユニフォームの発表はありませんでした。おそらく夏場のゲームで使用されるリミテッドユニフォームと同じくらいのタイミングでの受注になるのかな?と予想しております。まだリーグ戦用の1stも2ndも届いていないので気が早いですが、今からデザインが楽しみですね。

 

 

 

ユニフォーム 880枚目 マンチェスターユナイテッド 1996-1998シーズン 3rd用 半袖

1996-1998シーズンに使用された3rd用ユニフォームです。1996-1997シーズンはプレミアリーグ最小勝ち点(75)で優勝、1997-1998シーズンは前シーズン以上の勝ち点を上げながらも(77)、宿敵アーセナルの後塵を拝して2位でプレミアリーグ3連覇を逃したシーズンとなりました。

メーカーロゴは昇華プリント

エンブレムはワッペン縫い付け。

スポンサーロゴは昇華プリント

裾のメーカープリント部分はラバー圧着。どうせならここも昇華プリントにしてくれれば管理が楽だったのですが....。経年劣化してくるとベタついてきたり、色移りだったりが発生するので、畳んで保管していて確認したら色移りやベタつきで周りの部分に写ってしまったといった事があります。

脇のタグ部分。ここにもクラブエンブレムのデザインが入っています。

首はボタンで留める仕様です。ボタンにもクラブエンブレムがデザインされています。殆どボタンを留めている選手はいなかったような////・

サイズタグ部分と襟部分。襟の縁がユニフォームカラーの青と白が取り入れられているのが洒落ています。

エンブレム部分を除くと、青、黒、白と統一感のあるカラーで纏められているのも好デザインに感じる一因です。アディダスサプライヤーが変わってからも青色のアウェイや3rdモデルはリリースされているのですが、赤だったり黄色が入ってしまって...個人的には青ユニだと、これだったり1992-1993のアウェイだったり、2002-2003の3rd、2008-2009の3rd辺りが好きですね。

ユニフォーム 879枚目 アルビレックス新潟 2001-2002年 1st用 半袖 寺川能人

2001-2002年シーズンに使用された1st用ユニフォームです。7番は寺川能人選手が付けていました。正確なパスで中盤でゲームメイクを見せながらも、2001年は11ゴール、2002年は9ゴールとそれぞれキャリアハイ、キャリア2番目のゴールも決め、攻撃の局面で違いを生み出していました。J2参入初年度からサプライヤー契約を締結していたカッパ社が手掛けた最後のユニフォームとなります。

メーカーロゴはラバー圧着

エンブレムはワッペン縫い付け

スポンサーロゴはラバー圧着

良い感じに傷んでおります(笑)。いい味出してる経年劣化だと思うんですけどね...。なかなか理解してもらえません。

Jリーグパッチはワッペン縫い付け

新潟パッチはワッペン縫い付け。翌2003年シーズンからは使用されなくなりました。

ナンバー部分は1色1枚仕様のラバー素材圧着

背中にはサイン入りです。

現在はアルビレックス新潟の強化部長として、現役時代を彷彿させるゲームメイク=チーム編成能力の高さを見せています。昨シーズンのJ2優勝も効果的な補強を行いながらも若手選手の台頭する余白を潰さなかった編成が大きかったです。

 

個人的に今シーズン是非とも足を運びたいスタジアムがビッグスワンです。最後に訪れたのが2008年....もう15年前なので、殆ど初めて行くに近い感覚だと思っています。諸々タイミングが合ってくれる事を願っています。

ユニフォーム 878枚目 グラスゴーレンジャーズ 1996-1997シーズン アウェイ用 半袖

1996-1997シーズンに使用されたアウェイ用ユニフォームです。リーグ9連覇を達成し圧倒的な強さを誇っていたシーズンのユニフォームです。当時はイングランド代表の司令塔、いやファンタジスタ(ピッチ外の数々の奇行も含めて)ポール・ガスコインデンマーク代表のストライカー、ブライアン・ラウドルップのホットラインでゴールを量産しました。

メーカーロゴはワッペン縫い付け。ロゴでは無く文字のワッペン縫い付けがヴィンテージウェア風の仕様で気に入っています。

エンブレムはワッペン縫い付け。ユニフォームのカラーリングが赤、白、青の三色のみで統一されており、縁取りを青色がいいアクセントになっています。

スポンサーロゴは発泡素材圧着。

首元はボタンで開閉する仕様。大半の選手はボタンを締めずにプレーしていた気がします。スタンドカラー(立襟)が洒落たデザインなのですが、全部閉めると結構キツめです。

紙タグにホーム用ユニフォームでプレーする選手の姿がプリントされています。アウェイ用がスタンドカラーなのに対してホーム用はオープンカラー(開襟)でした。

永遠の宿敵であるセルティック中村俊輔から始まり、現在は古橋享梧や旗手怜央、前田大然が活躍している状況なので、日本人選手の獲得は心情的にやりづらいと思うのですが、レンジャースで輝く日本人選手が出てきて欲しい。オールドファーム(セルティックとのダービーマッチの名称)で青いシャツを纏う勇気と実力を持った選手が現れてくれる事を期待しています。

ユニフォーム 877枚目 横浜Fマリノス 2008年シーズン 2nd用 長袖 田中裕介 選手支給品

2008年シーズンに使用された2nd用ユニフォームです。先日、現役引退を発表された田中裕介選手に支給された物となります。2nd用ユニフォームは市販がございませんでした。前身の日産自動車時代からのユニフォームサプライヤーだったアディダスが離れ、新たにナイキとサプライヤー契約を締結しました。ナイキが手掛けた初代ユニフォームです。

 

今では当たり前にネームが圧着されていますが、横浜Fマリノスはこのシーズンまではネームの圧着が無く、ネームが使用されなかった最後のシーズンのユニフォームとなりました。

メーカーロゴは刺しゅう

エンブレムはワッペン縫い付け

スポンサーロゴ、Jリーグパッチ、YOKOHAMA YOKOSUKAパッチは全てラバー圧着。従来は選手支給品のみ入っていた薔薇の花のロゴですが、このシーズンから市販品にも入るようになりました。支給品のみという特別感が無くなったので複雑です。袖のメガネスーパーのスポンサーロゴは支給品のみ圧着で、翌2009年シーズンからは市販品にも圧着されるようになりました。

ナンバーは2色1枚のラバー素材。

内タグ部分。市販品にはA44の上に品番が入りますが、支給品は入りません。

ユニフォームと同色のラバープリントで目立たぬように入っているクラブのシンボルマークとフレーズ部分。デカデカと目立つように入れないところにセンスを感じます。重要な事だからこそさり気無くユニフォームに落とし込んだところがポイント高いです。

 

横浜Fマリノスから始まり、川崎フロンターレ、ウエスタンシドニーワンダラーズ、セレッソ大阪ファジアーノ岡山、SHIBUYA CITY FCと長いキャリアを積み重ねてきました。今シーズンのSHIBUYA CITY FCのユニフォームを、世界で初めてnew eraが手掛けた事もあり、斬新なデザインのユニフォームを纏い2023年もピッチで躍動してくれるものだと思っていました。

 

所属したどのクラブでも、高いフィジカル能力で他の選手が疲労で動きが鈍った時間帯でもファイトし、他の選手の分まで動ける献身的なプレーと相手陣内深くに切り込み、フィニッシュワークに絡むプレーで多くの勝利に貢献しました。今後はSHIBUYA CITY FCの役員としてピッチ外で精力的な活躍に期待しています。

 

 

ユニフォーム 876枚目 インテル 1995-1996シーズン アウェイ用 半袖

1995-1996シーズンに使用されたアウェイ用ユニフォームです。2020-2021シーズンまで20シーズンに亘って胸スポンサーとしてインテルのユニフォームに刻まれ、共に歩んできたピレリ社が初めて胸スポンサーに入ったシーズンのユニフォームとなりました。

メーカーロゴは昇華プリント

チームエンブレムはワッペン縫い付け、ステッラは刺しゅう。近年の物と比べるとサイズが大きめの星です。

スポンサーロゴは昇華プリント。ピレリが離れてから2シーズンが過ぎましたが、まだ新たなスポンサーロゴが見慣れません。インテル=ピレリというイメージの方も多いと思います。

普通の白ユニでは無く、ユニフォームの上部にチームエンブレムをカットして、貼り付けた遊び心のあるデザインです。このパターンのデザインを使っていたクラブあったかな~と、当時アンブロ社とサプライヤー契約を締結していた主なクラブ(マンチェスターユナイテッドラツィオセルティック、セルタ、アヤックスエバートン等)をざっと見てみましたが、同じエンブレムを用いたデザインの物はありませんでした。その意味でも唯一無二の個性を持った1枚と言えます。

 

このシーズンですが、後にワールドクラスのサイドバックとして90年代後半から00年代半ばまで君臨する事となるブラジル代表のロベルトカルロスとアルゼンチン代表のハビエル・サネッティが揃って入団しました。

 

前者は1シーズンの在籍で翌シーズンはレアルマドリードに移籍しましたが、その後はレアルマドリードで3度チャンピオンズリーグを制覇、世界最高の左サイドバックの座を長きに渡って維持しました。後者は2014年の引退までインテルの顔として右サイドを駆け抜け続け(チーム事情で時に左サイドだったり、中盤だった時期もありました。どこでプレーしても凄かった。)、いつしかインテルバンディエラ(旗手)として、インテリスタのみならず、多くのサッカーファンからインテルの象徴として称えられました。

 

この二人が左右のサイドバックでコンビを組んでいた未来もあり得ました。そうであれば、インテルはもう少しタイトルを勝ち取れたのかもしれません。90年代中盤~後半で勝ち取ったタイトルは1997-1998シーズンのUEFAカップのみ...。多額の投資が実らない苦しい時代でした。