2022年9月17日 三協フロンテア柏スタジアム 柏レイソル-川崎フロンターレ ついでに試合の感想も少し

先週の話ですが、チケットが偶然手に入りましたので足を運んできました。

このスタジアムに足を運んだら、まずはレイソルカリーで腹ごしらえ。この試合限定のスリランカカレーでした。温玉とチョリソーも加えてミクスチャー感ましましです。美味しく頂きました。

先月足を運んだ際に食べて美味しかったので、この試合でも購入。美味でした。

近いですね~。

中2日のこの試合は、後半飲水タイム頃まで0-0もしくは0-1で推移させ、その後にレギュラーの選手を入れて残り20分弱で勝負をかける形と予想していました。同点で進められたところまでは悪くなかったですが、そこから攻守で強度を出したいところで出し切れなかったので勝ち点3は取れませんでした。やれる事はやった上での勝ち点1だったので、現状勝ち点1が精一杯だったという事です。

 

前節の名古屋グランパス戦も見ていて思ったのは、ゴールを奪いたい場面でボックス内にFWの選手がいない事です。知念がサイドに流れてボールを受けに行ってしまうと、ボックス内で力を発揮できる選手が誰もいなくなります。

 

どうしても勝ち点3が必要であれば、ボックス内でパワーとシュートスキルの高い山村を投入すべきだと見ていましたが、この2試合彼に出番はありませんでした。バランスを崩して勝ち点0だけは避けたいというのが鬼木監督の考えだったと解釈しています。

 

個人的にリーグ優勝するには、勝ち点70が目安を考えていました。それを満たすには名古屋グランパス戦、柏レイソル戦のどちらかで勝ち点3は必須でした。現実は負けませんでしたが得た勝ち点は2。鬼木監督はもう少し低い勝ち点でも優勝できると考えているのか、現状のチーム状況、コンディションを考えると、70未満で仕方ないと考えているのか….。それを知る術はありませんが、アディショナルタイムで被弾し勝ち点1を逃した湘南ベルマーレ戦以降、鬼木監督の采配が消極的に見えます。

 

いずれにせよ、今できる事は中断期間で頭と体を休ませて、最後の5試合に向けて準備をする事です。まだ可能性は残っています。残りの5試合、ピッチの中のプレーで諦めの悪さを見せてもらいましょう。

 

余談

 

小林悠よ、次節は君の大好きな北海道コンサドーレ札幌だぞ。今から試合したくてたまらないだろう?ここまで溜まった鬱憤を相手のゴールネットを揺らし、チームに勝ち点3をもたらす事で放って欲しい。絶対〇すマン頼んだぞ。

 

ユニフォーム 855枚目 レアルマドリード 2011-2012シーズン 3rd用 半袖 カカ 選手支給品

2011-2012シーズンに使用された3rd用ユニフォームです。元ブラジル代表のカカ選手に支給されたユニフォームとなります。レアルマドリードのユニフォームとしては珍しい赤色です。ゴールキーパー用だと見かける事があるのですが、フィールドプレーヤー用のユニフォームで赤なのは、これ以外なかなか思い浮かびません。

メーカーロゴはラバー圧着

クラブエンブレムはワッペン圧着

この時期の支給品の大事なところです。

LFPパッチはラバー圧着。

袖の三本線はラバー圧着

2009年6月に移籍金6,800万ユーロ(当時のレートで約92億円)でACミランから加入。カルチョとヨーロッパの舞台で披露していた得点力とパスセンス、そして力強く推進力に溢れたドリブルで活躍する事を期待されていましたが、レアルマドリード在籍時は負傷に苦しみ実力を発揮できないまま終わりました。

 

4-2-3-1のシステムで、前線のベンゼマ、当時は右サイドが主戦場だったクリスティアーノロナウド、左はディ・マリアやベイルとプレーして輝く姿を見たかったですが、彼の代わりに台頭してきたのがドイツ代表のメスト・エジルでした。カカもACミランで台頭した際は、不調のリバウドとルイコスタに代わって出場し結果を残しポジションを掴んだ事を考えると競争はいつだって繰り返される。その立ち位置が変わった。それだけの事なのかもしれません。

 

とはいえ、ACミランチャンピオンズリーグを制し、バロンドールも獲得した。これの時点で勝ち取れるタイトルはほぼほぼ勝ち取っていました。ミラノでの彼は(私も何度かサンシーロに足を運んで観戦しました)6,800万ユーロ、いやそれ以上の価値を持った選手である事を示し続けていました。それだけは事実です。

ユニフォーム 854枚目 川崎フロンターレ 2011年シーズン 2nd用 半袖 小林悠 選手支給品

2011年シーズンに使用された2nd用ユニフォームです。元日本代表の小林悠選手に支給されたユニフォームとなります。

支給品の特徴はここですね。2018年まではこれが目安でした。今は違いますね。

岡本太郎氏による「挑」の一筆。2011年シーズンのクラブキャッチフレーズでした。タイトル争いに挑むつもりが、残留争いに挑んだシーズンでした。しかし、その中で小林悠大島僚太登里享平が出場時間を延ばし、今振り返れば今日のチームの中核を作り出したシーズンとなりました。

ナンバーが黒ベースの金色の縁の組み合わせがカッコいい。力強さを感じます。

実はこのシーズンから袖のKAWASAKIパッチのデザインが変わっています。このタイプは2016年シーズンまで使用されました。余談ですが、左側のロゴ部分を決める際の投票で自分はこのデザインに投票したので抽選でテレフォンカードを貰いました(笑)。時代が分かってしまいますね(笑)。

 

この2nd用の半袖ユニフォームのシーンで印象深いのが、26節のアウェイモンテディオ山形戦。リーグ戦8連敗で迎えた試合で、J1残留を争うモンテディオ山形が対戦相手だった事もあり、何としても連敗を止めなければならない試合でした。今だから白状しますが、自分はこの試合で敗れればJ1残留は無理だと思い、初めて試合を見るのが恐ろしくなりました。恐怖のあまり、試合を見ないようにする為、友人と食事の予定を入れた程です。

 

この試合はこれまでのディフェンスラインを高くした戦い方から一変して、ラインを低めに設定し相手を自陣に引き込んでからのカウンターを明確に狙いました。その狙いでゴールを決めたのが小林悠でした。彼の決めた虎の子の1点を守り切って勝ち取った勝ち点3。2011年シーズンで最も重要な勝利はこの試合だったと断言できます。

 

これも余談なのですが、今の会社はなぜがモンテディオ山形サポーターの方が多いので、入社当時この試合の話になったところ、川崎は積極的に来るかと思ったら全然こない、あれじゃこっちは攻撃できないし点を取られた時点でもう負けだと思ったと言われました。ちなみにこの試合を最後にモンテディオ山形との公式戦(リーグ戦、カップ戦)の対戦成績は1勝2分2敗...。ええ完全に苦手なチームになっています。2018年の天皇杯でボコボコにされて事は今でもよく覚えています。

 

そんな事もあり、川崎フロンターレのユニフォームの中でも印象深い1枚です。今シーズンも苦戦が続いていますが、あと5試合で小林がゴールを決める場面を一つでも多く見たいですね。

 

 

 

 

 

 

ユニフォーム 853枚目 ユベントス 1999-2000シーズン ホーム用 カップ戦仕様 半袖

1999-2000シーズンに使用されたホーム用ユニフォームです。胸スポンサーが異なるカップ戦用となります。主にUEFAカップやコパイタリアの試合で使用されました。

メーカーロゴとエンブレムは刺しゅう

スポンサーロゴは昇華プリント仕様。1995-1996シーズンのチャンピオンズリーグ制覇、1996-1997、1997-1998シーズンのセリエA連覇、2シーズン連続のチャンピオンズリーグ決勝進出と黄金期を彩った胸スポンサーであるSONYが胸スポンサーとして掲示された最後のユニフォームとなりました。

内タグ部分。生産国はイタリア。

 

大きめの襟がクラシカルな雰囲気を出しており、ユニフォーム自体のシルエットも90年代特有のゆったりとした仕様になっています。当時はジダンデルピエロインザーギもゆったり目に着用していました。小柄なダービッツなんかはかなりぶかぶかに着用していましたね。

 

このシーズンは前年6位でセリエAを終えた事もあり、インタートトカップ(もう知らない人の方が多いですよね)を勝ち抜きUEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)の出場権を獲得、1994-1995シーズン以来の参戦となりましたがベスト16で敗戦。早期敗退には、チームが黄金期のサイクルを終え新たに迎えた再建期だった事、クラブ自体がセリエAの優勝と翌シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を重視していたので、あまりカップ戦に力を注げなかったという背景もありました。

 

そんな事もあり、黄金期を彩ったSONYスポンサーのラストモデルながら、そこまで認知度が高くない1枚です。個人的にはクラシカルなユベントスの王道を行くようなデザインに加えSONYロゴでかなり好きなユニフォームなのですが...。隠れた名作的な立ち位置な1枚だと思っています。

 

2022年9月3日 レモンガススタジアム平塚 湘南ベルマーレ-川崎フロンターレ ついでに試合の感想も少し

当初は雨予報だったので、行く予定はなかったのですが、雨は降らずチケットも残っていたのでフラっと行ってきました。

バックスタンドからの観戦、ギリギリで購入したのですが良い席でした。席に荷物を置いてスタジアムグルメの時間です。

しらすの塩焼きそば

チーズカレー

モチコチキン。もち米で揚げたハワイの唐揚げです。

ベルマーレメガハワイアンランチBOX。ロコモコ、ステーキ、ガーリックシュリンプモチコチキンが入ったボリューム満点な一品です。どれも美味しく頂きました。

 

この試合はどこのお店も凄い混雑で行列も長かったので、断念したお店が多かったので、次回はもっと楽しみたいですね。一つ思ったのが、どこも長蛇の列を整理する人がいなかったので、そこを少し運営側は意識してくれれば、もっと良くなるのかなと思いました。

 

川崎フロンターレは前の試合から中2日、湘南ベルマーレは中14日の状況でしたが、この差がピッチ内で大きく影響しました。前半15分見た時点で、川崎フロンターレ側が一歩寄せれない、競れない、技術的なミスが散見され、明らかなコンディションの差があり、今日勝つのは難しいと見ていました。結果は2-1で湘南ベルマーレが勝利、アディショナルタイム川崎フロンターレでも大活躍した阿部浩之の見事なコントロールショットで沈められました。

 

この試合に関しては戦術や技術の前に、前提となるフィジカルコンディションにあまりにも差があり過ぎました。走行距離で約12㎞(選手一人分)、スプリントに20本差があるとそれ以前の問題なので、戦術や技術に関して論じる事はありません。まあ、アディショナルタイムまで引き分けで引っ張ったんだから勝ち点1は欲しかったとは思いますが、やる事はやっての敗戦と受け止めています。

 

一つ言うとすれば、疲労困憊の家長を最後まで引っ張りましたが、これはルヴァンカップの敗戦の影響です。あの試合の感想でも書きましたが、あれで家長は変えられなくなり、鬼木監督は彼と心中するしかなくなりました。動けないのであれば、家長を前線に動かし、右サイドに小林を置いていれば、逆転されたシーンの持ち運びはもう少し阻害できたと思いますが、諸々含めての結果です。

 

落とした勝ち点を嘆いても戻ってこないので、残り8試合でいくつ積み重ねられるかです。まずは来週末のサンフレッチェ広島戦、ここで勝ち点3を取る事だけを考えましょう。まだまだ終わっていません。

 

 

 

 

 

 

2022年8月27日 等々力陸上競技場 川崎フロンターレ-鹿島アントラーズ

リーグ戦のホームゲームは、8/13の京都サンガ戦が延期になったので3週間振り。その間ルヴァンカップの試合がありましたが、何だか久しぶりな感じがしました。

 

それでは本日のスタジアムグルメ

 

ブラジルキッチンで稀に販売されるソーセージサンド。美味しく頂きました。

A5ランクのサーロインステーキ丼。お肉が口の中で溶けましたね。スタジアムグルメとしては高額な部類に入りますが納得の味でした。

バジルとトマトソースのホットドッグ。美味しく頂きました。

熱いのでフロンチーノは欠かさない。本日限定のメロン味を頂きました。

ALCキッチンでいつものレアステーキ丼にしようとしたところ、限定メニューを目にしました。ちょっとお高めでしたが購入。ローストビーフのユッケ丼。ボリュームがかなりありました。いつものガーリック風の味付けとは違ったピリ辛の味付けと温玉の組み合わせがいい味だしていました。

幸先よく2点先制したまでは良かったですが、その後訪れた決定機で3点目を奪えなかったのがまずかった。後半鹿島アントラーズが攻めどころを川崎フロンターレの左SBの位置にしてくると徐々に押し込まれる時間が長くなりました。

 

とはいえ、川崎も選手交代で前線にロングボールの起点、左SBの守備を強化した辺りから、相手の意図を読んで攻撃する場所と選択肢を一つ一つ潰す方向にに切り替えてきました。失点後も押し込まれる時間が長かったですが、決定的な形は少なかったです。最後は先日のルヴァンカップ セレッソ大阪戦の失態を繰り返さぬよう、山村を入れて5バックに、前線にキープ要員で家長を残し、右サイドに知念を動かして高さのギャップも無くしました。先日のアビスパ福岡戦もそうでしたが、試合をクローズする事に対しての意識には改善が見られます。ルヴァンカップで結構な授業料をお支払いしたので、残りの10試合でお値段以上になったと言える結果を残してほしいですね。

ユニフォーム 852枚目 ヴィッセル神戸 2020年シーズン 2nd用 半袖 ACL仕様 イニエスタ

2020年シーズンに使用された2nd用ユニフォームです。スポンサーロゴの数やサイズ、袖のパッチが異なるACL(アジアチャンピオンズリーグ)用となります。クラブ史上初のACL出場という事もあってか、他のサプライヤーではなかなか販売されない2nd用やゴールキーパー用のACL仕様も市販されたところに力を入れている事が伝わります。

メーカーロゴ、スポンサーロゴ、チームエンブレムは全て昇華プリント仕様。

袖のACLパッチは別途アイロンで圧着する仕様です。剥がれるのが気になる方は付けなくてもいいですし、縫い付ける事もできます。

ネーム&ナンバーはラバー圧着の2色1枚仕様。黒とゴールドの組み合わせがかっこいいですね。

サイズ感は、2018年シーズンまでは身幅が絞ったスリムなシルエットでしたが、2019年シーズンから、一般的な日本規格のサイズ感となりました。イニエスタ加入でファン、サポーターが増え、レプリカに関してはより多くの人が着易い仕様に見直されたのかもしれません。オーセンティックモデルは従来同様スリムなシルエットのままです。

先日のACLベスト8の試合で、メンバーを大幅に入れ替えた采配に批判が多かったですが、リーグ戦で残留争いに巻き込まれている事に加え、まだ天皇杯の試合も残っている事を考えると、全試合に力を注ぐのは難しかったです。

 

対戦相手を考えると、ACLより天皇杯の方がタイトル獲得の方が可能性は高いですし、何よりJ1に残留しないといけません。在籍している選手はイニエスタを筆頭に実力者揃いですが、コンディションに不安を抱えている選手も多く力を発揮できていません。このままシーズンを終えてしまうのか、それともどこかで噛み合ってリーグの台風の目になるのか...。ここからの戦いに注目しています。