ユニフォーム その59 イタリア代表 2008年 ホーム用 半袖 デルピエロ 選手支給品

昨日の試合は名古屋相手に快勝、力の差を見せつけました。

風間監督が去ってから、築き上げた「攻守両面で圧倒する」新たなサッカーで一つ区切りとなった勝利でした。

中3日でアウェイ湘南戦、中2日でアウェイ長崎戦と厳しい日程となりますが、首位広島との勝ち点差を少しでも縮めたいですね。

 

話は変わって、本日J2のFC岐阜-東京ヴェルディ戦に、スペシャルゲストが登場しました。その方の支給品ユニフォームです。

f:id:kaburerasan2014:20180923220619j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180923220801j:plain

ユベントスとイタリア代表で活躍したアレッサンドロ・デルピエロ選手です。

f:id:kaburerasan2014:20180923220911j:plain

市販オーセンティックモデルと異なり、サイズプリント上部分が補強されています。

f:id:kaburerasan2014:20180923220947j:plain

洗濯表記はラバープリント圧着

f:id:kaburerasan2014:20180923221035j:plain

背番号も市販オフィシャルマーキングと異なり、メッシュホールが加工されています。

f:id:kaburerasan2014:20180923221132j:plain

ワールドカップ予選パッチとマッチディプリント。

このジョージア戦ですが、デルピエロ選手にとってイタリア代表として、最後に出場した試合となりました。背番号もデルピエロ選手にとっては珍しい15番です。この試合が代表ラストマッチになるとは、本人も思っていなかったと思います。

 

ユニフォーム その58 名古屋グランパス 2013年 Jリーグ20周年記念ユニフォーム 半袖

晴れてきました。

雨はもう心配しなくてもいいのかな?

最近は、天気が急に変わるので心配です。まあ秋ですからね。

 

今日は何食べようかなと考えながら、これを書いています。

今日も対戦相手のユニフォームです。

f:id:kaburerasan2014:20180922143450j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180922143506j:plain

Jリーグに参加し20周年を記念したユニフォームです。共にJリーグ初年度より参加した

横浜Fマリノス清水エスパルス浦和レッズ鹿島アントラーズとの試合のみで使用されました。

f:id:kaburerasan2014:20180922144045j:plain

記念のプリント部分

f:id:kaburerasan2014:20180922144114j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180922144128j:plain

選手着用と同仕様のオーセンティックモデルです。販売はオーセンティックのみでした。

川崎フロンターレも、J1参加20周年記念ユニフォームを出せるように、まだまだ積み重ねなければいけませんね。今日も準備した物を出せるように頑張りましょう。

 

ユニフォーム その57 名古屋グランパス 2014年 玉田圭司選手 SPプリントユニフォーム 半袖

今週は、月曜が祝日で出勤が4日だったので、短く感じました。

明日も美味しい物を食べよう、サッカースタジアムで(?)

 

今日は、明日の対戦相手の記念ユニフォームです。

f:id:kaburerasan2014:20180921225449j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180921225539j:plain

現在も在籍している、元日本代表の玉田圭司選手の記念ユニフォームです。

2014年に退団した際、これまでの貢献に敬意を表し150枚限定で販売されたスペシャルプリントユニフォームです。ユニフォームのベースは、このシーズン夏場の数試合限定で使用されたテレビ塔60周年記念ユニフォームとなります。

f:id:kaburerasan2014:20180921230833j:plain

玉田選手の後ろ姿と、サインがプリントされております。この時点で、数年後復帰するとは誰も思わなかったはず。

f:id:kaburerasan2014:20180921230933j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180921230947j:plain

テレビ塔60周年記念ユニフォームについては、またの機会に詳しく取り上げます。

f:id:kaburerasan2014:20180921231038j:plain

テレビ塔のプリントが目立ちます。

玉田選手ですが、以前から川崎フロンターレにフィットする選手だよなと思っていました。川崎でプレーする事はありませんでしたが、川崎を率いた風間八宏監督が、名古屋グランパスの監督に就任、同じタイミングで玉田選手も名古屋に復帰したところ、想像通り風間監督のサッカーにフィットしました。今年で38歳ですが、ピッチに立てば衰えぬ技術とアイディアを披露してくれます。

ユニフォーム その56 マンチェスターユナイテッド 2003-2004シーズン 半袖 クリスティアーノロナウド

昨日に続いてチャンピオンズリーグ、ビッグクラブが順当に勝ち点3を勝ち取る中、波乱は、マンチェスターシティの敗戦とクリスティアーノロナウド選手の退場。正直、退場?と思いましたが、劣勢の中、勝ち点3を手にしたユベントスは勝負強さを見せてくれました。

今日は、退場したロナウド選手の古巣のユニフォームです。今回は同じグループに入ったので、古巣との対決も注目されていましたが、まさかの出場停止の可能性が出てきました。

f:id:kaburerasan2014:20180920205921j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180920205938j:plain

ロナウド選手加入初年度、ベッカム選手から伝統の「7番」を継承しました。

f:id:kaburerasan2014:20180920210930j:plain

前年、リーグ制覇を達成したので、チャンピオン用のゴールドカラーのパッチ。

f:id:kaburerasan2014:20180920211015j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180920211031j:plain

ネームとナンバーは、フロッキー製、選手用サイズです。

今考えると、7番を背負った当時のロナウド選手は、注目の若手選手の一人にすぎず、欧州でも実績が少ない選手でした。その選手に7番を継承させたクラブ、そしてそれを背負い期待に応えたロナウド選手の凄さを改めて感じています。

ユニフォーム その55 インテル 2011-2012シーズン アウェイ用 長袖 チャンピオンズリーグ用 長友佑都 選手支給品

今日で55枚目なので、55番と言えば、日本代表のこの人ですね。

まだまだ代表でも頑張って欲しい!!。

f:id:kaburerasan2014:20180919224216j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180919224337j:plain

今シーズンはガラタサライの一員として、久々のチャンピオンズリーグに参戦。フル出場で勝利に貢献しました。このユニフォーム以来の参戦ですね。

f:id:kaburerasan2014:20180919224502j:plain

エンブレムはラバー圧着

f:id:kaburerasan2014:20180919224521j:plain

洗濯表記はラバー圧着

f:id:kaburerasan2014:20180919224540j:plain

チャンピオンズリーグ用のパッチはワッペン圧着

f:id:kaburerasan2014:20180919224610j:plain

コッパイタリアパッチとクラブワールドカップチャンピオンパッチ。チャンピオンパッチを付けていたのは、グループリーグの間のみだったので、グループリーグでの支給品ですね。

ガラタサライは力が拮抗したグループ入りましたが、十分に突破の可能性のあるグループです。行けるところまで行って欲しいです。

ユニフォーム その54 CSKAモスクワ 2009-2010シーズン ホーム用 チャンピオンズリーグ用 本田圭佑

今日から、チャンピオンズリーグが始まります。レアルマドリードが4連覇を達成するのか、それとも、伝統のあるビッグクラブがそれを阻むのか、はたまた新興クラブが頂点に立つのか、世界最高の大会が楽しみです。個人的には、イタリア勢の躍進を期待。まずはグループリーグ突破ですね。

明日イタリア勢のユニフォームのなので、今回は初のロシアのクラブのユニフォームです。

f:id:kaburerasan2014:20180918213904j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180918214222j:plain

先日、ベガルタ仙台の西村選手が加入しましたが、CSKAと言えばこの人です。ケイスケホンダさん。リーグ戦用はスポンサーロゴが沢山付いており、ネームもキリル文字ですが、チャンピオンズリーグ用は、スポンサーロゴは胸のみ、ネームは英語表記となります。

f:id:kaburerasan2014:20180918214316j:plain

チャンピオンズリーグ用のパッチ。ワッペン圧着です。

f:id:kaburerasan2014:20180918214401j:plain

エンブレムはワッペン圧着。

このユニフォームで、セビージャ相手にゴールを叩き込み、本田さんは世界に名前を売りました。西村選手も、マドリーやローマ相手に大きなインパクトを残して欲しいですね。

 

ユニフォーム その53 イタリア代表 1995年 ホーム用 半袖

今日は敬老の日でしたね。私も祖母とお祝いしました。

敬老に該当する年齢まで自分が生きている自信が無いので、敬老の日を迎える度に祖母に敬意を覚えます。

 

先の前振りとはまったく関係の無いユニフォームです。

f:id:kaburerasan2014:20180917213733j:plain

f:id:kaburerasan2014:20180917213802j:plain

ナイキがイタリア代表のサプライヤーを担当した初のユニフォームです。腹部に大きく入った透かしが目立つデザインです。

f:id:kaburerasan2014:20180917213905j:plain

メーカーロゴは刺しゅう。

f:id:kaburerasan2014:20180917213931j:plain

エンブレムはワッペン縫い付け

f:id:kaburerasan2014:20180917213955j:plain

裾タグ部分

f:id:kaburerasan2014:20180917214029j:plain

紙タグ部分

1995年の親善試合やEURO予選等1年間限定で使用された短命のユニフォームでした。当時は、バッジョ選手が怪我とスランプで代表から遠ざかり、ゾラ選手や若手のデルピエロ選手が攻撃陣の中心でプレーしていました。安定した戦いでEURO1996の出場権を勝ち取った事もあり、本大会も好成績を期待されていたのですが、結果は....。まあ良くなかったですね。