読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦和レッズ 2013年 ホーム用 オーセンティック

おはようございます。それでは今日も始めましょうか。

f:id:kaburerasan2014:20160828102512j:plain

f:id:kaburerasan2014:20160828102534j:plain

チーム名:浦和レッズ(日本)

年代:2013年

用途:ホーム用 リーグ戦用

区分:オーセンティックモデル

日本のサッカークラブで最もお金持ち、一番人気です。

それなのに8シーズンタイトル無し。お金があっても結果が約束される訳ではありませんね。

f:id:kaburerasan2014:20160828102816j:plain

エンブレムはラバー圧着

f:id:kaburerasan2014:20160828102844j:plain

メーカーロゴはラバー圧着

f:id:kaburerasan2014:20160828102908j:plain

袖もラバー圧着。Jリーグパッチは20周年記念の特別なデザイン

f:id:kaburerasan2014:20160828103824j:plain

背中スポンサーもラバー圧着

で、このユニフォームはオーセンティックモデルと言って、選手が公式戦で着用するユニフォームは殆ど同仕様なんですね。まったく同じと書かずに殆どと書いたのは、物によっては微妙に異なる点があるからです。ここから先はオーセンティックモデルの特徴となります。

f:id:kaburerasan2014:20160828103214j:plain

背中側の裾部分にチャリティ団体のラバープリント入り。通常のオフィシャルレプリカユニフォーム(以下市販品)には付いていません。

f:id:kaburerasan2014:20160828103300j:plain

脇の通気口部分の穴が大きい。市販品はこんなに大きくないです。

f:id:kaburerasan2014:20160828103609j:plain

肩の部分はT字のラバー素材の圧着。市販品だと糸を使った縫製です。耐久性は落ちますが、こちらの方が軽いそうです。

あと、ユニフォーム自体のシルエットが細身で体にフィットする形になっています。市販品よりワンサイズ小さめなサイズ感になります。より動きやすく、対戦相手からユニフォームを引っ張られにくくなります。着用すると分かるのですが、こちらの方がシルエットがきれいですね。

f:id:kaburerasan2014:20160828104130j:plain

サイズ表記部分

f:id:kaburerasan2014:20160828104150j:plain

内タグ部分

f:id:kaburerasan2014:20160828104208j:plain

紙タグも乗っけときますか

f:id:kaburerasan2014:20160828104242j:plain

ナンバー部分のクレスト。一部は抜きになっています。

ネーム&ナンバーは、現ヘルタベルリン所属の原口元気選手。浦和ユース生え抜きのスター選手でしたね。日本代表でも欠かせない選手になりつつあります。今シーズンはダイナミックなドリブルから、ゴールを量産して欲しいですね。

 

読んで頂きありがとうございます。